カブトムシ(カブト虫)(甲虫)の飼育日記(0) 幼虫飼育・イモムシ・マット・蛹室

カブトムシ(カブト虫)(甲虫)の飼育日記(0)
                      2005年5月23日~7月6日

ここは、岩国市田舎村がらくた昆虫館の一室です。昆虫館入り口からの巡回をお奨めします。

 お 知 ら せ 
岩国市田舎村がらくた情報館(GARAKUTA Villge)URL変更しました。
このサイトでは、 2014年1月1日以降ページ追加記事更新中止していますので、
誠に恐れ入りますが、新サイトhttp://inakamura.main.jpをご覧下さい。
記事をお探しの場合は、下の新サイト内の検索をご利用願います。
なお、このページは、利用が少なくなったと判断した時に消滅する予定ですので、
このページへリンクを張られている場合は、新サイトへの変更をお願いします。

カブトムシの飼育(0):イモムシとも呼ばれているカブトムシの幼虫の飼育を始めました。成虫に産卵させて、幼虫を飼育して、翌年に羽化させています。





2005年5月23日 皆さん、これ、何かわかりますか?

 
皆さん、これ、何かわかりますか?
可愛いですよね。
イモムシではありませんよ!
写真をクリックしたら、大きくできますので、良く見て下さい。
-------------------------------------------------------------------------
2005年5月22日の朝、足元のビンを見たら、上の方に大人の親指くらいの大きさの、何か白いものがありました。
このビンの中にはカブトムシの幼虫が入れてありましたが、すっかり忘れていました。
ビンの中を見たら、カブトムシの幼虫の大きなフンがいっぱい。
食べる物が無くなったのかな? それとも、そろそろ蛹(さなぎ)になる準備かな?
なぜマットの上に出てきたのかわかりませんが、5月23日に新しい「くぬぎマット」を買ってきて、大きな飼育箱に入れてやりました。
-------------------------------------------------------------------------
今から25年くらい前ですが、カブトムシを飼っていたことがあります。
白い卵を産んで、幼虫になり、蛹(さなぎ)になって、かっこうのよい成虫に羽化してくれました。
今年の寒い頃、カブトムシの幼虫を売っているのを見かけて買ってきましたが、こんなに大きくなっているとは思いませんでした。
5月も残り1週間になり、6月には蛹(さなぎ)になるのかなと思いますが、この幼虫を大事に育てて、来年もカブトムシを誕生させたいと思います。
ここは、カブト虫(カブトムシ)の飼育日記となっていますが、幼虫は土の中の生き物ですから、たびたびマットの中から取り出すことは出来ません。
また、蛹(さなぎ)の時に触ったり、蛹(さなぎ)の入っている蛹室(ようしつ)を壊すこともやってはいけません。
従って、時々気が付いた時、また、写真の撮れる時に様子などを追加していきます
皆さんも、カブトムシを買ったら大事に育てて、死んでしまったも卵を捨てないで、また次の夏に成虫が見れるように幼虫を飼育してみませんか。
幼虫の飼育は簡単です。
フンが多くなったらマットを交換してやることと、マットを乾燥させないこと。
そして幼虫に触らないこと。
挑戦してみてください。

2005年6月4日

5月31日から6月3日まで北海道旅行していましたので、
留守のあいだにマットが乾燥していないかと飼育箱を覗いてみました。
2匹が飼育箱の壁にくっ付いていました。
マットも乾き気味のため、霧吹きで水をかけてやりました。

2005年6月13日 蛹

昨日(6月12日)、飼育箱の中をみたら、幼虫が茶色っぽくなっていました。
飼育箱の外側から見るのでよくわかりませんが、何か様子が変だなと思って、マットを上の方から少しずつ取り除いてみました。
すると、蛹室の中には、立派な角のオスの幼虫!
蛹室の中に落ち込んだマットを角で払いのけていました。
他の幼虫の様子はどんなかな?と、さらにマットを取り除いたら、メスが2匹、蛹になっていました。
もう1匹いるのですが、蛹が変形してしまって、変形した成虫になっては可哀想なので、探すのを止めて、蛹室の中がマットで埋まらないように穴の上に木の葉を置いてマットを元のように入れてやりました。
忘れてしまいましたが、蛹になってから成虫に羽化するまで、40日くらいでしたかね?
40日くらいだとすると、学校の夏休みの始まる頃ですね。

2005年7月6日 羽化しました

◆◆◆ ニュース速報 ◆◆◆
オスが2匹と、メスが2匹、誕生(羽化)しました。
詳しいことは、次のページでお伝えします。

飼育日記ですが、今年は4匹の幼虫をなんとか成虫に羽化させて、成虫に羽化した頃から産卵、幼虫、蛹、成虫までの1年間くらいを続けようと思っています。
正式の飼育日記は次ページからになります。
また、来年は沢山のカブトムシを羽化させて、近所の子供達に配ろうかと考えています。

INFORMATION
SEARCH

ASP Copyright © GARAKUTA Village(Inakamura). All Rights Reserved.
本ホームページに掲載されている全ての内容は、日本の著作権法及び国際条約で保護されています。
当サイトの写真、コンテンツ等、一切の無断複製、転用、流用を禁止します。
写真・コンテンツ等の利用 / 著作権侵害 / 著作権軽視 / リンク / 個人情報